*

築25年、遠目に見れば大丈夫、でもその実態は?

【あこがれのマイホーム】
私が、あこがれのマイホームを手に入れたのは今から25年以上前の平成3年のことでした。
家族の成長を考えて、将来の夢を思いながらのマイホームの設計はとても楽しかったです。
家族との末長い夢のような生活を思い描いていました。

【最初のリフォーム】
マイホームを持って12年後、壁面のあきらかな異常に気付きます。
まるで家が涙を流したように壁面に水がしみだしたあとが見つかったのです。

たしかに建築会社からは10年目の頃、「リフォームしましょう」といった案内が届いていました。
でも、まだいいやと思って無視し続けました。
結局、壁の涙(?)をきっかけに最初のリフォームをすることになりました。

そして、約100万円をかけて壁の塗り直しとベランダの改修を行いました。
その結果、現在の写真がこちらです。

myhome_001s

2トーンの色合いは気にっており、この角度から見ると、たぶん築25年には見えないと思います。

【業者選定の誤り】
この時、依頼したのが、妻の実家でお世話になっていた業者でした。
しかし、今にして思えば、この業者の選択は誤りでした。
壁を塗り替えた当時は、当然きれいに仕上がり特に問題はなかったのですが、わずか5年ぐらいで塗装した塗料がはげ落ち、徐々にそのずさんさが見えてきました。

しかし、時すでに遅く、その業者は廃業し、連絡は取れません。
通常塗料を塗るには、下地をいったんはがしてそれから塗るのが本来ですが、この業者は手抜きで、下の塗料をはがさずにその上から塗ってしまったんです。

塗料も通常は2度塗り以上をするのですが、この業者は1度塗りなので、どうしてもはがれやすくなります。

このような細かい点を打ち合わせの時に確認しなかった私も悪いとは思います。
しかし、リフォームについて素人の私ではそこまでの判断はできません。

その結果、数年前からベランダの壁面に穴が開き、水が染み出てくるようになりました。
ベランダは道路に面しており、けっこう目立つため、いろいろな業者がリフォームの話を持ってくるようになりましたが、ずっと断りつづけていました。

こちらが、ベランダの穴です。
見る人が見れば、相当やばい状態であることが分かると思います。

rehome_001

それでも、もう3年以上放置しています。

そして、決断の時が迫ってきました。

 

関連記事

地方自治体の補助金制度を活用して少しでもお得にリフォームしましょう!

【助成金について】 家を建てたときは、住宅金融公庫の利用や所得税の減税制度など利用可能な助成制度が

記事を読む

重い屋根の家ほど倒壊しやすい!

前回は、古い家ほど倒壊の危険が高いという記事を書きましたが、本日は屋根の重さによっても倒壊の危険性が

記事を読む

家を建てた時からすでに浸食は始まっている

我が家は建ててからすでに25年が経ちますが、今から思えば、割と早い時期からいろいろな問題がありました

記事を読む

リフォーム中に見つかったハウスメーカーの失態

【思わぬ事実】 今回のリフォーム中に思わぬ事実を知りました。 我が家は25年ほど前にミサワホ

記事を読む

古い家はリフォームの前に耐震補強が必要になる場合も?

阪神・淡路大震災以降、震度6以上の大地震が何度も発生しています。 あなたのマイホームは震度6に耐え

記事を読む

雨どいが積雪で変形

私が住んでいる地方は、豪雪地帯でもなく、1シーズンに3回ぐらいしか雪は積もりません。 しかし、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

トイレのリフォーム時は、便器の色に注意しましょう!

水回りのリフォームの中でも特に注意したいのがトイレのリフォームです。

「神様が宿る家」造り<3>ゼロ宣言の家

あなたは、「いい家に住みたい」と思ったことがあると思いますが、「感動す

「神様が宿る家」造り<2>魔法の家

澤田升男さんが書かれた「神様が宿る家」には、「魔法の家」という言葉が登

「神様が宿る家」造り<1>

「神様が宿る家」という本をご存知ですか? この本は、自然素材を活かし

マイホーム、気なるところはネットで相談

【台風禍】 今年は、例年に比べて台風の被害が多い気がします。 強い

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑