*

家を建てた時からすでに浸食は始まっている

我が家は建ててからすでに25年が経ちますが、今から思えば、割と早い時期からいろいろな問題がありました。

我が家は、ミサワホームで建てたたので、木質パネル接着工法という手法で建てられています。
これは、家全体を面で支えるため、地震に強く密閉性が高くなっています。

しかし、木というのは経年変化でゆがみが発生するため、壁面に貼られた壁紙が継ぎ目のところで破れたり、めくれてきたりします。
これが、建ててから日が浅いうちならば、建築会社にクレームをつけて補修してもらうことも可能ですが、10年も経過するともう建築会社の保証はなくなってしまいます。

同様に外壁についても同じように隙間が発生し、その隙間に雨水が入り込むと大変なことになります。
我が家の場合は、20年ほど経って、写真のように完全に穴が開いてしまいました。

rehome_011

rehome_010

しかし、これだけ目立つようになったのは、つい最近のことですが、見えないところで徐々に浸食は進んでいたと思われます。
そこで、今マイホームをお持ちの方も、一度家の周りをよく調べてみることをお勧めします。

壁面や継ぎ目、ベランダ部分など、近くに寄ってみると雨水がしみ込んだあとが見つかるかもしれません。そのような場合、早めに対処すれば高額なリホーム費用をかけずに簡単な補修ができる可能性があります。

私は、その点を完全に怠ってきました。
その結果、今回のリフォームでは、200万円以上の費用をローンを借りて実施することになってしまいました。
家は、適切にケアすれば、長く使い続けることができます。外壁は工法によっては30年以上メンテナンスが不要な方法もあるようです。
それでも、日々のケアは怠らないようにしましょう。

そこで、あなたに贈る言葉がこちらです。

「家は建てた瞬間から浸食が始まる」

雨漏りが始まってから手当てをしていたのでは手遅れなんです。
少しでも異変に気づいたら、早めに建築会社やリホーム会社に相談する方がいいと思います。

それと、池を建てるときに利用した建築会社や工務店がすでになくなってしまっている場合もあるかと思います。

そういう時は、インターネットで探すのも一つの方法です。
この際に注意することは、一つの会社に相談するのではなく、複数の会社に相談するようにしましょう。

一つの会社に相談すると思い切り吹っ掛けられて高額な見積もりを出されても、それが高いか安いか判断できないためです。

私も今回はリフォーム比較サイトを利用して複数の業者に相談をしました。その結果、とっても有意義な情報を提供してくれた業者もありました。

リフォーム業者を比較選定するために参考になるのはこちらのサイトです。

業者300社から選べるリフォーム比較サイト

よろしければ、一度ご確認ください。

 

 

関連記事

古い家はリフォームの前に耐震補強が必要になる場合も?

阪神・淡路大震災以降、震度6以上の大地震が何度も発生しています。 あなたのマイホームは震度6に耐え

記事を読む

重い屋根の家ほど倒壊しやすい!

前回は、古い家ほど倒壊の危険が高いという記事を書きましたが、本日は屋根の重さによっても倒壊の危険性が

記事を読む

地方自治体の補助金制度を活用して少しでもお得にリフォームしましょう!

【助成金について】 家を建てたときは、住宅金融公庫の利用や所得税の減税制度など利用可能な助成制度が

記事を読む

築25年、遠目に見れば大丈夫、でもその実態は?

【あこがれのマイホーム】 私が、あこがれのマイホームを手に入れたのは今から25年以上前の平成3年の

記事を読む

雨どいが積雪で変形

私が住んでいる地方は、豪雪地帯でもなく、1シーズンに3回ぐらいしか雪は積もりません。 しかし、

記事を読む

リフォーム中に見つかったハウスメーカーの失態

【思わぬ事実】 今回のリフォーム中に思わぬ事実を知りました。 我が家は25年ほど前にミサワホ

記事を読む

冬を暖かく過ごすためにコールドドラフト対策から始めよう!

寒い冬にリビングなどで食事をしているときに足元から冷たい空気を感じたこ

トイレのリフォーム時は、便器の色に注意しましょう!

水回りのリフォームの中でも特に注意したいのがトイレのリフォームです。

「神様が宿る家」造り<3>ゼロ宣言の家

あなたは、「いい家に住みたい」と思ったことがあると思いますが、「感動す

「神様が宿る家」造り<2>魔法の家

澤田升男さんが書かれた「神様が宿る家」には、「魔法の家」という言葉が登

「神様が宿る家」造り<1>

「神様が宿る家」という本をご存知ですか? この本は、自然素材を活かし

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑