*

リフォーム比較をしただけで40万円安くなる情報をゲット!

私は、今回のリフォームに当たって、インターネットを利用して複数の業者から見積もりを取りました。
その時の内容については、下記の記事をご確認ください。

失敗しないリフォーム会社選び

上のiリンク先の記事にも書いていますが、今回見積もりを取ったことで、その中の業者の一人から耳寄りな情報をもらいました。

それは、家のリフォーム時に雨ドイも修理する場合、保険が使える可能性があるということです。
と言うのは、以前下記の記事でも紹介してますが、我が家の雨ドイは雪のため変形し、雨がうまく流れない状態になっています。このように雪害によって変形した雨ドイは保険の対象になるということなんです。

関連記事:雨どいが積雪で変形

したがって、雨ドイを直す費用は保険を適用できるのです。
当然、2階の屋根の雨ドイを直すには足場を組まないといけないため、足場の費用も保険から出すことができます。
この雨ドイの修理費と足場代が合計約40万円になるため、この部分を保険で補ってもらうことができるというわけです。

残念ながら、我が家はある事情でこの保険を使用することができませんでしたが、この情報を知っているだけで、工事費が約40万円安くなるのでぜひ活用してください。

他にも見積もりを依頼するだけで、自宅の診断書を作ってもらえたり、最近の工法について教えてもらったりといろいろなメリットがあります。

見積もりを取るだけなら無料ですし、複数の業者から見積を取っていることを相手も承知の上なので法外な見積もりを出すことがなくなります。
また、断るときも他の業者に決めたからと一言言えば簡単に引き下がってくれます。

見積もり比較をするだけで、上記の情報以外にもいろいろなお得情報が聞けるかもしれません。

 

 

 

 

 

関連記事

エアコンの効率の良い設置方法

エアコンは、部屋への取り付け方によって冷房効率が変わってきます。 適切な冷房能力があっても間違った

記事を読む

リフォーム中に見つかったハウスメーカーの失態

【思わぬ事実】 今回のリフォーム中に思わぬ事実を知りました。 我が家は25年ほど前にミサワホ

記事を読む

リフォームでシェルター設置<アメリカは核シェルター、日本は防災シェルター>

【北の脅威】 北朝鮮の怪しい動きに対抗するようなアメリカの動き、気になっている方は少なからずあ

記事を読む

外壁は3回塗りが基本です

ご存知とは思いますが、塗料は一回塗りではダメです。 女性のお化粧と同じように下地をしっかりと塗って

記事を読む

屋根裏エアコンの考え方

先日は、1台のエアコンで部屋全体を温める床下エアコンについて説明しましたが、暖かい空気は下から上に流

記事を読む

断熱材で外気温をシャットダウン<リフォームで夏は涼しく、冬暖かく>

寒冷地では、断熱材を壁や天井に入れて外気温が家の中に入るのを防ぎますが、これは冷房にも効果があります

記事を読む

階段に踊り場を作ることで安全性と高齢者への配慮を高める

【階段には踊り場を】 高齢者にとって階段は鬼門です。家を建てた頃は若くても、いずれは自分たちも年を

記事を読む

耐久性の高いガルバリウム鋼板の外壁という選択肢について

リフォームの見積を数社から取るといろいろな情報がもらえます。 そんな中で、次のリフォームまでの

記事を読む

外壁塗装はフッ素樹脂塗料に決めました

今回、塗装材料にはこだわりました。 現在販売されている塗料で最も高いのがフッ素系の塗料です。

記事を読む

自己資金なしでリフォームを決断

リフォームは、お金がないからできない。 私はずっとそう思っていました。でも、それは違っていたの

記事を読む

屋根裏エアコンの考え方

先日は、1台のエアコンで部屋全体を温める床下エアコンについて説明しまし

エアコン1台で家全体を暖房できる床下エアコンってなあに?

【床下エアコン】 床下エアコンという言葉をご存知ですか? これは、

エアコンの効率の良い設置方法

エアコンは、部屋への取り付け方によって冷房効率が変わってきます。 適

リフォームでシックハウス症候群を改善できる?

【シックハウス症候群】 家を新築し、新しい生活が始まると何もかも

地方自治体の補助金制度を活用して少しでもお得にリフォームしましょう!

【助成金について】 家を建てたときは、住宅金融公庫の利用や所得税の減

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑