*

リフォーム比較をしただけで40万円安くなる情報をゲット!

私は、今回のリフォームに当たって、インターネットを利用して複数の業者から見積もりを取りました。
その時の内容については、下記の記事をご確認ください。

失敗しないリフォーム会社選び

上のiリンク先の記事にも書いていますが、今回見積もりを取ったことで、その中の業者の一人から耳寄りな情報をもらいました。

それは、家のリフォーム時に雨ドイも修理する場合、保険が使える可能性があるということです。
と言うのは、以前下記の記事でも紹介してますが、我が家の雨ドイは雪のため変形し、雨がうまく流れない状態になっています。このように雪害によって変形した雨ドイは保険の対象になるということなんです。

関連記事:雨どいが積雪で変形

したがって、雨ドイを直す費用は保険を適用できるのです。
当然、2階の屋根の雨ドイを直すには足場を組まないといけないため、足場の費用も保険から出すことができます。
この雨ドイの修理費と足場代が合計約40万円になるため、この部分を保険で補ってもらうことができるというわけです。

残念ながら、我が家はある事情でこの保険を使用することができませんでしたが、この情報を知っているだけで、工事費が約40万円安くなるのでぜひ活用してください。

他にも見積もりを依頼するだけで、自宅の診断書を作ってもらえたり、最近の工法について教えてもらったりといろいろなメリットがあります。

見積もりを取るだけなら無料ですし、複数の業者から見積を取っていることを相手も承知の上なので法外な見積もりを出すことがなくなります。
また、断るときも他の業者に決めたからと一言言えば簡単に引き下がってくれます。

見積もり比較をするだけで、上記の情報以外にもいろいろなお得情報が聞けるかもしれません。

 

 

 

 

 

関連記事

屋根裏エアコンの考え方

先日は、1台のエアコンで部屋全体を温める床下エアコンについて説明しましたが、暖かい空気は下から上に流

記事を読む

リフォームでシックハウス症候群を改善できる?

【シックハウス症候群】 家を新築し、新しい生活が始まると何もかもがきれいで気持ちが良いはずなの

記事を読む

トイレをリフォームしたらキュートになって女性向けになりました!

【水漏れ】 さずがにトイレも築25年を越えてくると故障してしまいました。故障状況は、ウォッシュレッ

記事を読む

外壁塗装はフッ素樹脂塗料に決めました

今回、塗装材料にはこだわりました。 現在販売されている塗料で最も高いのがフッ素系の塗料です。

記事を読む

体に優しい空調設備<光冷暖>ってなあに?

【体に優しい冷暖房】 エアコンの風にあたっていると最初は涼しいのですが、しばらくすると体が冷えて不

記事を読む

リフォーム中に見つかったハウスメーカーの失態

【思わぬ事実】 今回のリフォーム中に思わぬ事実を知りました。 我が家は25年ほど前にミサワホ

記事を読む

エアコンの効率の良い設置方法

エアコンは、部屋への取り付け方によって冷房効率が変わってきます。 適切な冷房能力があっても間違った

記事を読む

同じ条件でも見積額に百万円以上の差が出ました!

【会社によってこんなに違う見積額】 今回のリフォームにあたって、合計4社の見積もりを取りました

記事を読む

リフォームは60歳までに決断しましょう!

【リフォームを決断する時】 もしも、あなたがアラ還なら、あなたのマイホームをリフォームできる最後の

記事を読む

「神様が宿る家」造り<1>

「神様が宿る家」という本をご存知ですか? この本は、自然素材を活かした家造りを行うことで、人が快適

記事を読む

増税前のラストチャンス<今動かなければ間に合わない>

【消費税10%時代に備えて】 参議院選挙も終わり、議席は減らしたもの

家全体が暖かくなる低温輻射暖房ってなあに?

いよいよ寒波が到来し、各地で積雪が観測され始めましたね。 あなたの家

冬を暖かく過ごすためにコールドドラフト対策から始めよう!

寒い冬にリビングなどで食事をしているときに足元から冷たい空気を感じたこ

トイレのリフォーム時は、便器の色に注意しましょう!

水回りのリフォームの中でも特に注意したいのがトイレのリフォームです。

「神様が宿る家」造り<3>ゼロ宣言の家

あなたは、「いい家に住みたい」と思ったことがあると思いますが、「感動す

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑