*

耐久性の高いガルバリウム鋼板の外壁という選択肢について

リフォームの見積を数社から取るといろいろな情報がもらえます。

そんな中で、次のリフォームまでの期間をなるべく長くしたいという希望を伝えたところ、提案された工法が、ガルバリウム鋼板を外壁に使うという提案でした。

【耐久性重視の素材は?】

リフォームはどうしても高額な費用がかかります。
お金持ちならば、数百万円の費用なので、それほど痛手はないかもしれませんが、今回のリフォームは私の年収の半額以上でした。
これだけの費用がかかると次のリフォームまでの期間を少しでも長くできないかと思います。
できれば、今回のリフォームで最後にしたいくらいです。
しかしながら、以前ご紹介したフッ素系塗料を使って工事をしても、せいぜい15年が限界だそうです。

そこで、もっと長持ちする素材はないかと相談したところ、ガルバリウム鋼板を使う方法を提案されました。この方法を使うと20年ぐらい持たせることもできるらしいです。

【ガルバリウム鋼板という選択はありか?】

ガルバリウム鋼板というのは、アルミニウム55%、亜鉛亜鉛43.4%+ケイ素 (Si) 1.6%という配合の合金です。いわゆるトタン板は亜鉛メッキ鋼板と呼ばれ素材は全く違います。
ガルバリウム鋼板は屋根材としても使われるほど耐水性に優れ、耐久性も長いとのことです。
トタン板と違って、ガルバリウム鋼板で外壁を覆うと、直線系のデザインなので、モダンな感じの建物に変身します。
アルミニウムを使った合金なので軽くて錆びにくいという特徴があるようですが、ネットで調べてみると絶対に錆びないわけはなく、それなりにメンテナンスが必要とのことです。
なによりも素材が高価なので、工事費が跳ね上がります。

今回、普通の塗装の場合とガルバリウム鋼板の場合の2つの見積もりをもらいましたが、ガルバリウム後半の方は見積金額が1.7倍ぐらいになりました。
金額では、120万円ほど高くなっています(>_<)。
フッ素系塗料を使った工事より明らかに高くなります。それでも20年本当に持つのならばメリットになるかもしれません。
私は、見積もりの面だけでなく、工事内容を聞いて却下しました。

というのは、現在の外壁のサイディングを剥がし取って交換しないといけないというのです。
これは、家の耐熱効果が減少する危険を感じました。実際、数cmのサイディングを削って薄いガルバイウム鋼板にすることで密閉性が悪くなり、家の中の気温が下がる可能性があります。
つまり、壁が今までより薄くなるということなんです。
夏に気温が下がるのならいいですが、金属質の壁面になるとどうしても夏暑くて冬寒いイメージがあります。ネットで調べる限り、この懸念は当たっているようです。

つまり、耐久性が増して寿命は少しだけ長くなるけれど、工事費が高くなり、夏は暑く、冬は寒い家になる可能性があるのです。
また、外観のイメージが今までと全く違って、なんか冷たい感じになると思いました。
これも受け入れがたいことでした。

ただし、こういう工法もあるんだという意味では勉強になりました。

外観がモダンでかっこいい家に住みたいなら一考の余地はあるかもしれません。
(ただし、私はあまりオススメしません。)

 

関連記事

トイレをリフォームしたらキュートになって女性向けになりました!

【水漏れ】 さずがにトイレも築25年を越えてくると故障してしまいました。故障状況は、ウォッシュレッ

記事を読む

リフォームでシックハウス症候群を改善できる?

【シックハウス症候群】 家を新築し、新しい生活が始まると何もかもがきれいで気持ちが良いはずなの

記事を読む

あなたの家は狙われている<防犯対策の必要性>

古い家をリフォームすると見栄えがきれいになってとても気持ちがいいですね。 私は、今回外壁の塗り直し

記事を読む

自己資金なしでリフォームを決断

リフォームは、お金がないからできない。 私はずっとそう思っていました。でも、それは違っていたの

記事を読む

住宅ローンが払えなくなったら・・・

本日は、リフォームから少し離れて、マイホームのお話です。 もくじ 【マイホーム】 【出費の増大

記事を読む

外壁塗装はフッ素樹脂塗料に決めました

今回、塗装材料にはこだわりました。 現在販売されている塗料で最も高いのがフッ素系の塗料です。

記事を読む

リフォームは計画的に行いましょう

あこがれのマイホームを持つのは、人生の目的の一つかもしれませんが、マイホームを維持管理することも忘れ

記事を読む

同じ条件でも見積額に百万円以上の差が出ました!

【会社によってこんなに違う見積額】 今回のリフォームにあたって、合計4社の見積もりを取りました

記事を読む

万が一、理不尽な契約をしてしまった場合は、クーリングオフしましょう!

前回の記事のように、「点検商法」や「次々商法」にダマされて、理不尽な契約をしてしまった場合でも、訪問

記事を読む

断熱材で外気温をシャットダウン<リフォームで夏は涼しく、冬暖かく>

寒冷地では、断熱材を壁や天井に入れて外気温が家の中に入るのを防ぎますが、これは冷房にも効果があります

記事を読む

リフォームは60歳までに決断しましょう!

【リフォームを決断する時】 もしも、あなたがアラ還なら、あなたのマイ

体に優しい空調設備<光冷暖>ってなあに?

【体に優しい冷暖房】 エアコンの風にあたっていると最初は涼しいのです

屋根裏エアコンの考え方

先日は、1台のエアコンで部屋全体を温める床下エアコンについて説明しまし

エアコン1台で家全体を暖房できる床下エアコンってなあに?

【床下エアコン】 床下エアコンという言葉をご存知ですか? これは、

エアコンの効率の良い設置方法

エアコンは、部屋への取り付け方によって冷房効率が変わってきます。 適

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑