*

点検商法や次々商法にダマされないように気をつけましょう!

家を建てて年数が経つとどうしても家の外観が悪くなってきます。
塗装が剥げてきたり、外壁の汚れが目立ってきたりします。
そうなってくると悪質リフォーム業者のターゲットにされることが少なくありません。

 

【点検商法】
我が家にも何人かの業者が飛び込みでリフォームを勧めてきたり、点検をさせて欲しいと言ってきました。
私は、そのたびに断っていましたが、中には勝手に点検をして、ここが悪くなっていると言ってくる業者もありました。

このように「無料点検」を装って不具合箇所を見つけ出し、リフォームを促す商法を「点検商法」と言います。
中には、屋根の点検をすると言いながら、故意に瓦を割ったり、他で撮影した写真やビデオを見せて、これがお宅の屋根の状況ですなどと言う業者もあるようです。

特に高齢者が一人で住んでいるような場合、屋根などの高いところの様子を自分で見ることができないので、騙されやすい状態になります。

 
【次々商法】
また、簡単な工事見積もりを依頼した時に「シロアリを見つけたから駆除します。」とか「耐震工事が必要です。」などと言って次から次へと工事を増やしていく手法を「次々商法」といいます。

 
【訪問販売には用心】
このような手口を使う業者は、ほとんどの場合、突然の訪問から始まります。
何のアポもなく突然やってきて、家の外観を見て商売になりそうな家をターゲットにします。
特に高齢者の方は、ターゲットになりやすいようなので、高齢者の方とそのご家族の方はこういう業者がいることを十分にご承知おきください。

ただし、これらの業者に狙われる家は、それなりにリフォームの時期が近づいているサインでもありますので、信頼できる業者に依頼して点検を受けることも大切です。
信頼できる業者がいない場合は、複数の業者にリフォーム見積りという形で点検を依頼することも可能です。
ほとんどの業者が無料で点検をしてくれるはずです。
私が見積り比較を行ったときの記事がコチラです。
失敗しないリフォーム会社選び

 

関連記事

リフォーム中に見つかったハウスメーカーの失態

【思わぬ事実】 今回のリフォーム中に思わぬ事実を知りました。 我が家は25年ほど前にミサワホ

記事を読む

階段に踊り場を作ることで安全性と高齢者への配慮を高める

【階段には踊り場を】 高齢者にとって階段は鬼門です。家を建てた頃は若くても、いずれは自分たちも年を

記事を読む

ついにリフォーム工事の開始です

発注業者も決まり、待つこと1ヶ月ほどでようやく工事が始まりました。 工事が始まるまではちょっと

記事を読む

増税前のラストチャンス<今動かなければ間に合わない>

【消費税10%時代に備えて】 参議院選挙も終わり、議席は減らしたものの、自民党の勢力は変わりません

記事を読む

外壁は3回塗りが基本です

ご存知とは思いますが、塗料は一回塗りではダメです。 女性のお化粧と同じように下地をしっかりと塗って

記事を読む

足場工事費だけでもこれだけ違う<リフォーム見積比較>

【足場工事費の相場】 外壁塗装リフォームで、まず気になるのが足場工事費です。 この足場工事費だけ

記事を読む

エアコンの効率の良い設置方法

エアコンは、部屋への取り付け方によって冷房効率が変わってきます。 適切な冷房能力があっても間違った

記事を読む

地方自治体の補助金制度を活用して少しでもお得にリフォームしましょう!

【助成金について】 家を建てたときは、住宅金融公庫の利用や所得税の減税制度など利用可能な助成制度が

記事を読む

屋根裏エアコンの考え方

先日は、1台のエアコンで部屋全体を温める床下エアコンについて説明しましたが、暖かい空気は下から上に流

記事を読む

シュミレーションで見るリフォームのビフォーアフター

今回のリフォームにあたって、業者がCGソフトを使って、イメージ写真を作ってくれました。その写真をもと

記事を読む

増税前のラストチャンス<今動かなければ間に合わない>

【消費税10%時代に備えて】 参議院選挙も終わり、議席は減らしたもの

家全体が暖かくなる低温輻射暖房ってなあに?

いよいよ寒波が到来し、各地で積雪が観測され始めましたね。 あなたの家

冬を暖かく過ごすためにコールドドラフト対策から始めよう!

寒い冬にリビングなどで食事をしているときに足元から冷たい空気を感じたこ

トイレのリフォーム時は、便器の色に注意しましょう!

水回りのリフォームの中でも特に注意したいのがトイレのリフォームです。

「神様が宿る家」造り<3>ゼロ宣言の家

あなたは、「いい家に住みたい」と思ったことがあると思いますが、「感動す

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑