*

屋根裏エアコンの考え方

先日は、1台のエアコンで部屋全体を温める床下エアコンについて説明しましたが、暖かい空気は下から上に流れるので、床下から温めるのは正解です。しかし、冷たい空気はどんどん下へ流れるため、床下エアコンを冷房に使うことはできません。

【屋根裏エアコン】

そこで、考えられたのが、屋根裏エアコンです。
これは、屋根裏にエアコンを一台だけ置いて、冷風が各部屋に送られるようにすることで、1台のエアコンで家全体を冷やそうという試みです。
イメージ図は、下記のようになります。

 

この屋根裏エアコンと床下エアコンの両方を使い、夏は屋根裏エアコン、冬は床下エアコンと使い分けることで、2台のエアコンだけで、部屋全体の空調を行うことができます。

こちらも床下エアコンと同じようにセンサーが屋根裏の温度でなく、2階より下の温度を監視するように工夫する必要があります。

 

【24時間運転】

床下エアコンのときも同じですが、快適に空調を行うためには、長時間エアコンを運転する必要があります。
そのため、エアコンを数時間に限定して各部屋で使う場合と屋根裏エアコンの費用対効果を十分に吟味して導入する必要があります。
ただし、屋根裏エアコンを使用する場合は、設定温度を比較的高めに設定するため、全体的な電気代として、大きく上がるわけではないようです。

 

【屋根裏エアコンのメリットとデメリット】

●メリット
・最小限のエアコン数で部屋全体を空調することができる。
・家族が多く在宅時間が長いときに便利
・家全体が涼しいため、過ごしやすい。

●デメリット
・部屋ごとの温度設定ができない。
・家族が留守がちの場合、留守の部屋も空調されるため、効率が悪い。
・電気代がやや高め(1ヶ月で2万円前後:標準的な2階建ての場合)
・空気の流れを十分に計算する必要があるため、設計が難しい。

 

【その他の注意事項】

屋根裏エアコンを設置する場合に十分に注意しないといけないのが、断熱です。
特に屋根裏は夏に屋根が高温になるため、温度が上がりやすくなっています。
同じ設定温度でも、断熱効果が低い家では、エアコンの効率が大幅に異なり、結果的に設置コストが高くなってしまいます。
まず、リフォームで屋根裏の断熱をしっかりと行い、真夏でも屋根裏のエアコン室の温度が十分低くなるよう設計する必要があります。

実質的に同じ家族でも、体感気温を一緒にすることが難しいため、部屋ごとの温度設定ができないエアコンは、家族の同意が得られにくいものとなるでしょう。

 

関連記事

断熱材で外気温をシャットダウン<リフォームで夏は涼しく、冬暖かく>

寒冷地では、断熱材を壁や天井に入れて外気温が家の中に入るのを防ぎますが、これは冷房にも効果があります

記事を読む

耐久性の高いガルバリウム鋼板の外壁という選択肢について

リフォームの見積を数社から取るといろいろな情報がもらえます。 そんな中で、次のリフォームまでの

記事を読む

外壁は3回塗りが基本です

ご存知とは思いますが、塗料は一回塗りではダメです。 女性のお化粧と同じように下地をしっかりと塗って

記事を読む

自己資金なしでリフォームを決断

リフォームは、お金がないからできない。 私はずっとそう思っていました。でも、それは違っていたの

記事を読む

地方自治体の補助金制度を活用して少しでもお得にリフォームしましょう!

【助成金について】 家を建てたときは、住宅金融公庫の利用や所得税の減税制度など利用可能な助成制度が

記事を読む

ついにリフォーム工事の開始です

発注業者も決まり、待つこと1ヶ月ほどでようやく工事が始まりました。 工事が始まるまではちょっと

記事を読む

外壁塗装はフッ素樹脂塗料に決めました

今回、塗装材料にはこだわりました。 現在販売されている塗料で最も高いのがフッ素系の塗料です。

記事を読む

同じ条件でも見積額に百万円以上の差が出ました!

【会社によってこんなに違う見積額】 今回のリフォームにあたって、合計4社の見積もりを取りました

記事を読む

「神様が宿る家」造り<2>魔法の家

澤田升男さんが書かれた「神様が宿る家」には、「魔法の家」という言葉が登場します。 これは、生体エネ

記事を読む

体に優しい空調設備<光冷暖>ってなあに?

【体に優しい冷暖房】 エアコンの風にあたっていると最初は涼しいのですが、しばらくすると体が冷えて不

記事を読む

増税前のラストチャンス<今動かなければ間に合わない>

【消費税10%時代に備えて】 参議院選挙も終わり、議席は減らしたもの

家全体が暖かくなる低温輻射暖房ってなあに?

いよいよ寒波が到来し、各地で積雪が観測され始めましたね。 あなたの家

冬を暖かく過ごすためにコールドドラフト対策から始めよう!

寒い冬にリビングなどで食事をしているときに足元から冷たい空気を感じたこ

トイレのリフォーム時は、便器の色に注意しましょう!

水回りのリフォームの中でも特に注意したいのがトイレのリフォームです。

「神様が宿る家」造り<3>ゼロ宣言の家

あなたは、「いい家に住みたい」と思ったことがあると思いますが、「感動す

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑