*

エアコンの効率の良い設置方法

エアコンは、部屋への取り付け方によって冷房効率が変わってきます。
適切な冷房能力があっても間違った取り付け方をすると十分に性能を発揮できません。

また、逆に十分な冷房能力がないエアコンでも適切に空気を巡回させることで、効率を上げることができます。

【エアコンの適切な設置位置】

エアコンを設置する場合は、部屋の長手方向に空気が巡回するように設置しましょう。

例えば、下記の図のようなLDKがあるとすると、エアコンを部屋の端に設置し、空気が一番奥の方まで流れるように設置します。(この図は我が家のリビング・ダイニング・キッチンです。)

我が家では、夏にエアコンを使うときは、設定温度は26℃ぐらいにし、部屋の中央に扇風機を置いてエアコンから出た空気をかき混ぜて部屋全体に空気が巡回するようにしています。
こうすることで、設定温度が高めでも十分に涼しく過ごすことができます。
エアコンの空気は冷房の場合は、上から下に空気が流れるようにして、暖房の場合は、下から上に暖気が回るように考えてください。
そのため、エアコンの周りに空気の循環を妨げるような物を置くと空気の巡回が滞り、効率が悪くなります。

【冬はエアコンを使わない】

また、我が家では冬にエアコンを付けることはまずありません。(使うとすれば、ストーブを出すのが間に合わずに急に寒くなった秋口ぐらいです。)
その代わり、やや暖房能力が大きめのファンヒーターを部屋の中央に置いて、暖房を行っています。
実は、エアコンは暖房があまり得意ではないのです。


例えば、夏の外気温が35℃で、部屋の中を26℃に保つためには、エアコンは9℃分の熱交換を行うだけで良いことになりますが、冬の場合はどうでしょう?
私が住んでいる岐阜県の場合、冬の外気温は平均5℃前後です。
この状態で部屋の温度を26℃にしようと思ったら、21℃分の熱交換が必要となり、エアコンにはそれだけ負担がかかります。これが、夏と同じように9℃だけの熱交換に設定したとすると部屋の温度は14℃となって、全く暖かくありません。むしろ寒いですよね。
このようにエアコンは温度差を作る装置なので、作る温度差が大きくなるほど電力も必要となるし、冷暖房能力もその分、高いものが必要になります。

そこで、もう一つ利用するのが太陽光です。幸い、我が家のリビングは南側に大きな窓がありますので、冬でも晴れていれば、けっこう温かいです。そのため、こたつがあれば、ストーブ(ファンヒーター)を付けなくても、けっこう暖かく過ごすことができます。

リフォームのときは、人工的な冷暖房機だけに頼らず自然の恵み(太陽光や風)も利用できるように考えるといいですね。

関連記事

あなたの家は狙われている<防犯対策の必要性>

古い家をリフォームすると見栄えがきれいになってとても気持ちがいいですね。 私は、今回外壁の塗り直しを

記事を読む

外壁は3回塗りが基本です

ご存知とは思いますが、塗料は一回塗りではダメです。 女性のお化粧と同じように下地をしっかりと塗ってお

記事を読む

リフォームでシェルター設置<アメリカは核シェルター、日本は防災シェルター>

【北の脅威】 北朝鮮の怪しい動きに対抗するようなアメリカの動き、気になっている方は少なからずあ

記事を読む

リフォームローンの審査基準と金利、借入先について

【リフォームローンの借入年齢】 今回のリフォームを決断するにあたって最も重要なポイントが「リフォー

記事を読む

足場工事費だけでもこれだけ違う<リフォーム見積比較>

【足場工事費の相場】 外壁塗装リフォームで、まず気になるのが足場工事費です。 この足場工事費だけ

記事を読む

トイレのリフォーム時は、便器の色に注意しましょう!

水回りのリフォームの中でも特に注意したいのがトイレのリフォームです。 【便器がかわいいトイレ】 トイ

記事を読む

点検商法や次々商法にダマされないように気をつけましょう!

家を建てて年数が経つとどうしても家の外観が悪くなってきます。 塗装が剥げてきたり、外壁の汚れが目立っ

記事を読む

リフォームは60歳までに決断しましょう!

【リフォームを決断する時】 もしも、あなたがアラ還なら、あなたのマイホームをリフォームできる最後の

記事を読む

健康な家

地方自治体の補助金制度を活用して少しでもお得にリフォームしましょう!

【助成金について】 家を建てたときは、住宅金融公庫の利用や所得税の減税制度など利用可能な助成制度が知

記事を読む

住宅ローンが払えなくなったら・・・

本日は、リフォームから少し離れて、私が家を建てた時から現在までの人生のお話です。もくじ【マイホーム】

記事を読む

洋式便座
和式トイレを洋式に変えるのは意外と簡単!

高齢になると和式トイレは辛くなる 私の実家は築百年になろうかと

健康な家
自宅待機中の今だからこそ家の中を点検してみよう!

家にいる今だからできることがある コロナウィルスの影響で、家に

増税前のラストチャンス<今動かなければ間に合わない>

【消費税10%時代に備えて】 参議院選挙も終わり、議席は減らしたものの

家全体が暖かくなる低温輻射暖房ってなあに?

いよいよ寒波が到来し、各地で積雪が観測され始めましたね。 あなたの家で

冬を暖かく過ごすためにコールドドラフト対策から始めよう!

寒い冬にリビングなどで食事をしているときに足元から冷たい空気を感じたこ

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑