*

失敗しないリフォーム会社選び

【この記事の概要】

この記事では、リフォーム会社を選ぶにあたって、私が実際に行ったことを中心に書いています。
リフォームは、家を建てる次に大事な人生行事です。
これからリフォームを行おうとする方は、ぜひ読んでください。

<もくじ>
【リフォーム会社選びで失敗したこと】
【キャッチセールスに見積もりをさせない】
【リフォーム見積の正しい取り方】
【リフォーム業者比較サイトの活用】
【自己資金がなくてもリフォーム可能?】

——————————————————————-

【リフォーム会社選びで失敗したこと】

リフォームにかかる費用は、数百万円となるため、リフォーム会社選びに失敗すると大きな損失となります。
実際、私は一度失敗しています。でも、失敗したことに気づいたのは、リフォーム後数年たってからなんです。
どこのリフォーム会社も出来上がったときは、きれいに見えるので全く区別がつきません。
失敗に気づくのは早くて3年後です。
そして、気が付いたときにはその会社はもう存在していませんでした。
実際に我が家で行った外装のリフォームについて後からわかった問題を記載します。

失敗のポイント

  • 壁面の塗装が一度塗りだった
    (2度以上塗らないと耐久性が悪くなります。)
  • 屋根の塗装をしてもらったはずができていなかった。
  • トイやシャッター収納部分の塗装時に下地をはがさずに塗装してあった
    (下塗装をはがさずに塗装するとすぐに剥げ落ちてきます。)
  • 防水対策が不十分で数年のうちにサイディングの内側に水がしみ込んでしまった

屋根の塗装については気づきそうなものですが、これはチェックが甘かったというより仕方ありません。

失敗がもたらす影響

  • 家の耐久寿命が短くなる
  • 雨漏りが始まる
  • 次のリフォームまでの期間が短くなる
  • 次のリフォームの費用が膨れ上がる

そして、今回のリフォームということになりました。

【リフォーム時期】

リフォーム時期が近づくとキャッチセールスが増えてきます。
(キャッチセールスというのは、外観から家の状況を見て突然訪ねてくる営業マンのことです。)
素人が見ていても気づかない変化をキャッチセールスの営業マンはしっかり見抜きます。
壁面のシミ、雨どいの変形、屋根の変色、これらのどこかが痛んでいるのを見つけると「これはビジネスチャンス」と思い、訪問してきます。
こういうキャッチセールスが増えてきたら、そろそろリフォームが必要な時期と思ってください。

【キャッチセールスに見積もりをさせない】

ただし、絶対にキャッチセールに見積りを依頼してはいけません。
理由は、彼らの思うツボにはまらないためです。
彼らは巧みな話術で自分のところでリフォームをしたら得であることを話し始めます。
また、近所の家のリフォームを手掛けてる業者なので、「安心して欲しい」とか、「いつでも相談に乗ります。」などと言ってきます。
しかし、実際の見積りには見えないところに彼らの営業費が上乗せされてしまいます。
ただでさえ高いリフォーム費用に彼らの給料まで乗せられたらたまったものではありません。

【リフォーム見積の正しい取り方】

リフォームを依頼する業者を選ぶときは慎重になる必要があります。
一番いいのは、知り合いが実際にリフォームしてもらい、数年間経過して何も問題が起きていない業者に依頼することです。
または、近所で評判が良く10年以上の実績がある会社を選ぶことです。
その場合でも、リフォーム費用の見積りは3社以上で取ってください。
理由は、工事費の相場を知るためです。
ご存知のようにリフォームといっても、いろい内容があり建物ごとにその内訳が違います。

そのため、あなたの家のリフォーム費用は他の家の誰それの費用とは全く違います。
家の構造は家ごとに全く違っているためです。
リフォームの見積り依頼をするときはど業者にも同じ条件で見積りを作るように依頼してください。
(いくつかの条件で複数の見積りを取ってもいいですが、他の業者と比較できる条件だけは同じにしてください)

実際に今回提出してもらった見積もりがこちらです。

業者によって見積額が大きく違っていて200万円弱から320万円まで差があります。
全く同じ工事とは思えません。

最終的に近所の評判の良いリフォーム業者に依頼することに決めていても、別の会社の見積りがあるとそれだけで値引き交渉の材料になります。
もしも、意中の業者があって、そこに仕事を依頼することを決めていても、その業者より安い見積もりの業者があれば、実際に他の会社の見積りを見せて最後の値引交渉を行ってください。

そのときに、きっと安い見積もりの理由を教えてくれることでしょう。
粗悪な材料を使っている場合もあれば、同じ材料で工賃を安くしている場合もあるでしょう。

例えば、外壁塗装に使う塗料はフッ素が含めれているものがいいのですが、どうしても高くなります。その分、耐用年数も増えます。

このような知識も、増えてくると自分の知識が広がり、本当に家のことを考えてくれる業者なのかどうかがわかるようになってきます。

見積書の活用方法はあなた次第なんです。
そして、多くの業者の話を聞くだけで思わぬ情報を聞き出すこともできます。
私も、すごい情報を聞き出すことができ、見積もり比較をして本当に良かったと思いました。
その手法を使うことで、どの業者の見積もりでもたちどころに40万円ほどの値引きが可能になるのです。

【リフォーム業者比較サイトの活用】

実際に複数の見積りを取るといっても、どこに依頼すれば良いかわからない場合が多いです。
そこで活用したいのがインターネットで複数の業者に見積りを依頼する方法です。
例えば、下記のサイトでは全国にあるリフォーム業者が300社ほど登録されていて、必要事項を入力すると最寄りの業者候補が選定され、その中から「ここぞ」と思う複数の業者に見積りを依頼することができます。

業者300社から選べるリフォーム比較サイト

私も実際に活用し、5社ほどでてきた中から自分の家に近い3つの業者を選定し、見積もりを依頼しました。依頼方法は、自分の住所と連絡先、リフォームの内容を所定のフォームに記載するだけです。

インターネットで登録して数日のうちにその業者から電話やメールで見積訪問依頼が来ます。
自分の都合の良い日時を決めて実際に業者に会って見積もりの意向を知らせてください。

中には、見積書だけでなく家の改築ポイントに関するレポートを作ってくれた業者もありました。また、業者の話を聞いただけで、40万円も節約できる方法が聞けたりしてとっても役に立ちました。
(この方法はどこの家でも使える可能性がある王道です。)

【自己資金がなくてもリフォーム可能?】

実は、我が家には貯金というものがありません。
日々の生活だけで大変なのです。
それでも今回、リフォームを決意した理由は、自分の年齢にありました。
私は、現在58歳であと2年で還暦となります。
幸い、職場の定年年齢は60歳ではないため、仕事は続けることができますが、お金を借りるのは60歳を超えると非常に難しくなります。
そこで、60歳になる前にローンを組んでリフォームをすることになりました。

自己資金はほとんどないため、99%がローンで借りなければなりません。
今回のリフォームでは、リフォーム費用約240万円で、頭金は端数の9千円強です。
ローンは、1万円単位でしか借りられないため、1万円に満たない部分が自己資金というわけです。
このように全く資金がなくてもリフォームはできます。
ちなみに月々の支払いは10年払いの場合で約2万5千円です。

毎月このお金が捻出できれば、リフォームを実施することができるというわけです。

 


エアコンの効率の良い設置方法

エアコンは、部屋への取り付け方によって冷房効率が変わってきます。 適

リフォームでシックハウス症候群を改善できる?

【シックハウス症候群】 家を新築し、新しい生活が始まると何もかも

地方自治体の補助金制度を活用して少しでもお得にリフォームしましょう!

【助成金について】 家を建てたときは、住宅金融公庫の利用や所得税の減

階段に踊り場を作ることで安全性と高齢者への配慮を高める

【階段には踊り場を】 高齢者にとって階段は鬼門です。家を建てた頃は若

断熱材で外気温をシャットダウン<リフォームで夏は涼しく、冬暖かく>

寒冷地では、断熱材を壁や天井に入れて外気温が家の中に入るのを防ぎますが

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑