*

自宅待機中の今だからこそ家の中を点検してみよう!

家にいる今だからできることがある

コロナウィルスの影響で、家にいる時間が長くなっていることと思います。
家は体を休めるだけと考えていたけれど、家の中を見回してみるといろいろなところに老朽化の傾向があることに気づかれるのではないかと思います。

もし、気づいていない方も自宅待機中の今だからこそ、じっくり家の周りや家の中を調べてみてはいかがでしょうか?
家は、消耗品です。長い目で見ればいつかは朽ち果ててなくなってしまうもの。
しかし、定期的にメンテナンスを行えば、ながーく住み続けることができます。

まず、点検シートを作成してご自身でチェックしてみることをお勧めします。

自宅のチェック項目

一戸建ての家を前提としてチェック項目を挙げてみます。
マンションの場合も家の中の点検項目はほぼ共通です。

  • 屋根
    割れたり欠けている瓦はないか?
    位置がずれている瓦はないか?
    スレート葺きの場合、塗装がはがれていないか?
    家の周りに瓦やスレートの破片が落ちていないか?
    雨どいは変形したり穴が空いたりしていないか?
  • 外壁
    変色していないか?
    水漏れの跡がないか?
    ひび割れはないか?
    つなぎ目にすき間ができていないか?
    塗装落ちしていないか?
    細かい傷はないか?
  • 床下
    湿気がないか?
    異様なにおいはしないか?(カビ臭、腐食臭など)

  • ガラスにひびは入っていないか?
    開け閉めはスムーズにできるか?
    網戸が外れやすくなっていないか?
    網戸に穴が空いていないか?
  • 玄関扉
    扉の開け閉めはスムーズにできるか?
    鍵はちゃんと施錠・開錠できるか?
    傷んでいるところはないか?
  • 室内の壁
    壁紙が剥がれているところはないか?
    水漏れの痕跡はないか?
    壁面にひびが入っていないか?
    各つなぎ目にすき間ができていないか?
    変色していないか?
  • 天井
    凸凹しているとことはないか?
    変色しているところはないか?
    すき間ができているところはないか?
    ひび割れはないか?
    雨漏りの形跡はないか?

  • 凹凸ができていないか?
    傾いていないか?
    軋み音がする場所はないか?
    すき間はできていないか?
    変色している場所はないか?
  • 扉(納戸・クローゼット・押し入れ等を含む)
    各部屋の扉の開け閉めはスムーズにできるか?
    傷んでいる扉はないか?
  • トイレ
    水漏れはないか?
    壁面・床等が変色していないか?
    すきま風が入ってこないか?
    カビや腐食は発生していないか?
    換気扇は正常に動作するか?
  • 浴室
    カビは付着していないか?
    排水口にゴミが詰まっていないか?
    異様なにおいはしないか?
  • 台所
    水漏れしていないか?
    排水口にゴミが詰まっていないか?
    排水路に異常はないか?(ウジ虫を発見したら要注意)
    流し台の扉の開け閉めはスムーズにできるか?
    換気扇は正常に動作するか?

気になる点は専門家に相談

点検の結果は、いかがでしたか?
今まで気づかなかった家の問題に気付かれた方もあるのではないかと思います。
今回の点検で気になる点があっても、それがすぐに家の老朽化につながることばかりではありません。
中には、放置しても大勢に影響しない場合もあります。
しかし、どうしても素人ではその判断がつかない場合がありますね。そんな時は専門家に相談するのが一番です。
でも、この時期、対面で相談するのは心配ですよね。
そこで、利用したいのがオンラインでリフォームの相談ができるサイトです。
それが、こちらです。


リフォームプラン無料作成・リフォーム会社紹介

こちらのサイトでは、あなたのお住まいの地域にある複数の大手リフォーム会社を選定して同時にリフォームプランや見積り依頼を行うことができます。

使い方としては、候補となるリフォーム会社すべてに依頼する必要はありません。必要事項を書き込んだら、気になる会社を3つ以上選択して「リフォーム計画書作成依頼をする」というバナーをクリックしてください。

ポイントは1社ではなく、必ず複数の会社を指定することです。
それにより、見積もりの比較ができ、各会社のいい点、悪い点が見えてくるためです。
この時期なので、オンラインで対応してもらいたいですよね。そのためには、改善点の写真や間取り図を用意して、リフォームしたい場所や、点検で気になったことを具体的に書いて依頼をするといいですね。

リフォーム会社選びについては、私の失敗例を元に記事を書いていますので、下記の記事も参考にしてください。

失敗しないリフォーム会社選び

利用者の声

実際にこのサイトに寄せられた利用者の声を記載します。
皆さん、いろいろな悩みがあり、リフォームの検討を開始しているようです。
コロナウィルスが蔓延しているからといって、家の老朽化は待ってくれません。
長く住める家にするために今からできることをしていきましょう。

現在 飲食店舗として使われており、そのまま飲食店として使う予定です。40畳程の広さで、壁紙の張替え、仕切りを作る、(個室を1つ作る)ドアを新しくする(店舗内2箇所)トイレを新しくウォシュレット式にする、(1箇所)トイレ(男性用)を新しくする(1箇所)手洗い場を新しくする(1箇所)壁紙は白で行なう予定です。

築35年の一戸建て5DKに住んでいます。このたび父と同居したいと思いますが、私たち夫婦は子どもが5人おりますので、今のままでは、父の居場所がありません。庭に6畳一間とミニキッチン&トイレ付の離れを建てたらどうかと考えています。基礎からつくるとなると、最低どれくらいの予算が必要でしょうか。

築30年のマンションに引っ越すことになり、 風呂場のリフォームを検討しています。 現在洗面台と風呂が一緒ですので、独立洗面台を設けたいです。 それぞれの案でリフォームした場合の金額を教えてください。
案①部屋を少し狭くし、洗面台を作る。洗面台は省スペースの小さなのでokです。
案②洗濯機をバルコニーに置く。バルコニーに置くことは可能でしょうか?
案③、④浴槽を普段使用しないので、なくしてもいいと思ってます。シャワールームのようなものを設置したいです。縦でも横でも構いません。

現在、築30年ほどの総面積おおよそ30坪ほどの木造2階建てに両親が二人で住んでいます。父の高齢化に伴い、車いすでも移動できるよう段差をなくし、水回り(風呂、トイレ、キッチン)を安全に使用することができるよう、バリアフリーのリフォームをしたいと思っています。 2階部分は現在ほとんど物置状態なのでなくてもかまいません。外見もかなり古くなっているので、予算が許せば少しきれいにしたいと思っています。

・現在、総面積32坪の木造二階建てに住んでいます。家族構成が変化したので、1Fを増築し居間を広くしたい。換気扇から隣家へ声が漏れるので改善したい。1Fのトイレに洗浄付きに改良したい(現風呂は1.5坪)。
・子供の結婚を機に、2F(10畳の個室が2こ、ゆったり目のベランダ対)を息子夫婦に使わせたい(5畳の中2階付き)。現在2Fは、トイレ、シャワー室付き、洗面所2個付き。息子夫婦は共働きながら小さな台所が必要かも。
・高齢定年退職したので(70,80歳)、1階に生活を移したい。部屋数を減らして趣味とバリアフリー仕様に、30坪の家を改築したいです。

関連記事

点検商法や次々商法にダマされないように気をつけましょう!

家を建てて年数が経つとどうしても家の外観が悪くなってきます。 塗装が剥げてきたり、外壁の汚れが目立っ

記事を読む

階段に踊り場を作ることで安全性と高齢者への配慮を高める

【階段には踊り場を】 高齢者にとって階段は鬼門です。家を建てた頃は若くても、いずれは自分たちも年を

記事を読む

トイレのリフォーム時は、便器の色に注意しましょう!

水回りのリフォームの中でも特に注意したいのがトイレのリフォームです。 【便器がかわいいトイレ】 トイ

記事を読む

マイホーム、気なるところはネットで相談

【台風禍】 今年は、例年に比べて台風の被害が多い気がします。 強い雨風にさらされても、家はじっと耐え

記事を読む

リフォームでシックハウス症候群を改善できる?

【シックハウス症候群】 家を新築し、新しい生活が始まると何もかもがきれいで気持ちが良いはずなのに、

記事を読む

茶色

シュミレーションで見るリフォームのビフォーアフター

今回のリフォームにあたって、業者がCGソフトを使って、イメージ写真を作ってくれました。その写真をもと

記事を読む

屋根裏エアコンの考え方

先日は、1台のエアコンで部屋全体を温める床下エアコンについて説明しましたが、暖かい空気は下から上に流

記事を読む

耐久性の高いガルバリウム鋼板の外壁という選択肢について

リフォームの見積を数社から取るといろいろな情報がもらえます。 そんな中で、次のリフォームまでの期間

記事を読む

リフォームでシェルター設置<アメリカは核シェルター、日本は防災シェルター>

【北の脅威】 北朝鮮の怪しい動きに対抗するようなアメリカの動き、気になっている方は少なからずあ

記事を読む

エアコンの効率の良い設置方法

エアコンは、部屋への取り付け方によって冷房効率が変わってきます。 適切な冷房能力があっても間違った取

記事を読む

洋式便座
和式トイレを洋式に変えるのは意外と簡単!

高齢になると和式トイレは辛くなる 私の実家は築百年になろうかと

健康な家
自宅待機中の今だからこそ家の中を点検してみよう!

家にいる今だからできることがある コロナウィルスの影響で、家に

増税前のラストチャンス<今動かなければ間に合わない>

【消費税10%時代に備えて】 参議院選挙も終わり、議席は減らしたものの

家全体が暖かくなる低温輻射暖房ってなあに?

いよいよ寒波が到来し、各地で積雪が観測され始めましたね。 あなたの家で

冬を暖かく過ごすためにコールドドラフト対策から始めよう!

寒い冬にリビングなどで食事をしているときに足元から冷たい空気を感じたこ

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑