*

雨どいが積雪で変形

私が住んでいる地方は、豪雪地帯でもなく、1シーズンに3回ぐらいしか雪は積もりません。

しかし、積もるときは一度に30cmほど積もることがあります。

先月の1月15日が今シーズン初めての積雪だったのですが、こんな感じになりました。
たぶん、これでも積雪10cmぐらいだと思います。

積雪の様子

実は、この雪が我が家の雨どいに影響を与えてしまいました。
といっても、今回の雪ではなくて今までの数年の間に受けてきた影響だと思われます。

その写真がこちらです。

雨どいの変形

ちょっとわかりにくいかと思いますが、雨どいが屋根の中心付近で大きく曲がってしまいました。
このため、大雨が降るとこの部分から雨水が滝のように流れ落ちてきます。

家の中にいてもこの音が気になって寝られないこともあります。
やはり、家は少しずつ朽ちていってしまうものです。

ちなみに以前の業者に塗っていただいた雨どいは塗装がはがれてボロボロになっています。

雨どいの劣化

これは、見かけが悪いだけで、雨どいとしての機能は果たしていますので、まだ許せる範囲です。
なるべく屋根を見上げないようにしていればいいだけですからね。

関連記事

築25年、遠目に見れば大丈夫、でもその実態は?

【あこがれのマイホーム】 私が、あこがれのマイホームを手に入れたのは今から25年以上前の平成3年のこ

記事を読む

ベランダにできた割れ目

家を建てた時からすでに浸食は始まっている

我が家は建ててからすでに25年が経ちますが、今から思えば、割と早い時期からいろいろな問題がありました

記事を読む

重い屋根の家ほど倒壊しやすい!

前回は、古い家ほど倒壊の危険が高いという記事を書きましたが、本日は屋根の重さによっても倒壊の危険性が

記事を読む

古い家はリフォームの前に耐震補強が必要になる場合も?

阪神・淡路大震災以降、震度6以上の大地震が何度も発生しています。 あなたのマイホームは震度6に耐えら

記事を読む

リフォーム中に見つかったハウスメーカーの失態

【思わぬ事実】 今回のリフォーム中に思わぬ事実を知りました。 我が家は25年ほど前にミサワホームに

記事を読む

洋式便座
和式トイレを洋式に変えるのは意外と簡単!

高齢になると和式トイレは辛くなる 私の実家は築百年になろうかと

健康な家
自宅待機中の今だからこそ家の中を点検してみよう!

家にいる今だからできることがある コロナウィルスの影響で、家に

増税前のラストチャンス<今動かなければ間に合わない>

【消費税10%時代に備えて】 参議院選挙も終わり、議席は減らしたものの

家全体が暖かくなる低温輻射暖房ってなあに?

いよいよ寒波が到来し、各地で積雪が観測され始めましたね。 あなたの家で

冬を暖かく過ごすためにコールドドラフト対策から始めよう!

寒い冬にリビングなどで食事をしているときに足元から冷たい空気を感じたこ

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑