*

リフォームは60歳までに決断しましょう!

【リフォームを決断する時】

もしも、あなたがアラ還なら、あなたのマイホームをリフォームできる最後のチャンスかもしれません。
あなたの収入が十分にあって、ローンを組まなくてもリフォーム資金が払えるような経済状況にあれば別ですが、そうでなければ還暦を迎える前にリフォームを実施することをオススメします。

なぜなら、リフォームローンを借りられる条件が60歳を過ぎると厳しくなるためです。
実際、60歳で10年ローンを組んだとすると返済完了時の年齢は、70歳となります。
一般的な企業の場合、60歳で定年を迎え、嘱託として再契約しても65歳ぐらいまでしか働けません。
つまり、66歳からは少ない年金を小分けしてローンに当てなければいけないのです。ましてや65歳になってからローンを組むようなことはさらに大変です。
このような理由で、リフォーム計画は60歳までを前提に考えましょう。

 

 

【リフォームは複数の会社から見積りを取りましょう】

リフォームをする場合に気をつけたいのは、1社だけの見積りで決断をしてしまわないことです。
リフォームを行っている会社は、建築会社だけでなく工務店、塗装店、リフォーム専門店などがあります。この会社によって、リフォーム費用は大きく変わります。
実際、私がリフォームを行うときに見積りを取ったところ、150万円から300万円越えまでバラツキがありました。実に2倍以上も差があったのです。

もちろん、この差は工法や使用する素材が違うので、どちらがいいとは言い切れませんが、中には相場よりも高い値段を提示してくる場合があります。
この見極めは素人ではなかなか難しいのですが、複数の会社で見積りを取ると、その差がハッキリ現れるので判断がしやすくなります。
さらに、ここぞと思った会社が他より高い場合、安い会社の見積りを提示して、値引き交渉をすることも可能です。

 

【複数の会社で見積りを取るメリット】

複数の会社で見積りを取ると、工事費用の比較ができる以外に、以下のようなメリットがあります。

  • 家の修復に関する診断を無料でやってもらえる
  • 他の会社が気づかないところが見つかる場合がある
  • 工事費を安くする裏技を教えてくれる場合がある
  • 完成イメージをCGで書いてもらえる
  • インターネットで申し込むと互いに意識して頑張った見積もりを出してくる

私の場合、妻の知り合いに見積もりを取っていましたが、後からインターネット見積比較サイトで見積りを依頼しました。

そのときは、3社に見積りを依頼し、うち1社からは詳細な家の診断レポートを受け取りました。
この会社は見積りも低額で好印象を持ちましたが、結果的に他の業者に依頼する結果となりました。
インターネットで申込む場合は、各業者も他の業者を意識しているため、いろいろな意味で好条件を出してくれるようです。

詳しくは、下記の記事をご確認ください。

失敗しないリフォーム会社選び

関連記事

耐久性の高いガルバリウム鋼板の外壁という選択肢について

リフォームの見積を数社から取るといろいろな情報がもらえます。 そんな中で、次のリフォームまでの

記事を読む

家全体が暖かくなる低温輻射暖房ってなあに?

いよいよ寒波が到来し、各地で積雪が観測され始めましたね。 あなたの家ではどのような暖房を使われてい

記事を読む

「神様が宿る家」造り<3>ゼロ宣言の家

あなたは、「いい家に住みたい」と思ったことがあると思いますが、「感動する家」に住みたいと思ったことは

記事を読む

冬を暖かく過ごすためにコールドドラフト対策から始めよう!

寒い冬にリビングなどで食事をしているときに足元から冷たい空気を感じたことはありませんか? まる

記事を読む

万が一、理不尽な契約をしてしまった場合は、クーリングオフしましょう!

前回の記事のように、「点検商法」や「次々商法」にダマされて、理不尽な契約をしてしまった場合でも、訪問

記事を読む

エアコン1台で家全体を暖房できる床下エアコンってなあに?

【床下エアコン】 床下エアコンという言葉をご存知ですか? これは、通常は各部屋の上面に設置するエ

記事を読む

マイホーム、気なるところはネットで相談

【台風禍】 今年は、例年に比べて台風の被害が多い気がします。 強い雨風にさらされても、家はじっと

記事を読む

足場工事費だけでもこれだけ違う<リフォーム見積比較>

【足場工事費の相場】 外壁塗装リフォームで、まず気になるのが足場工事費です。 この足場工事費だけ

記事を読む

外壁は3回塗りが基本です

ご存知とは思いますが、塗料は一回塗りではダメです。 女性のお化粧と同じように下地をしっかりと塗って

記事を読む

住宅ローンが払えなくなったら・・・

本日は、リフォームから少し離れて、マイホームのお話です。 もくじ 【マイホーム】 【出費の増大

記事を読む

増税前のラストチャンス<今動かなければ間に合わない>

【消費税10%時代に備えて】 参議院選挙も終わり、議席は減らしたもの

家全体が暖かくなる低温輻射暖房ってなあに?

いよいよ寒波が到来し、各地で積雪が観測され始めましたね。 あなたの家

冬を暖かく過ごすためにコールドドラフト対策から始めよう!

寒い冬にリビングなどで食事をしているときに足元から冷たい空気を感じたこ

トイレのリフォーム時は、便器の色に注意しましょう!

水回りのリフォームの中でも特に注意したいのがトイレのリフォームです。

「神様が宿る家」造り<3>ゼロ宣言の家

あなたは、「いい家に住みたい」と思ったことがあると思いますが、「感動す

→もっと見る

  • ご訪問ありがとうございます。 管理人の田中と申します。


    私は、25年前にマイホームを建てましたが、25年の間に建物のあちこちが老朽化し、ついに外観リフォームの実施を決断しました。
    このサイトでは、決断に至るまでの経緯やリフォーム会社の選び方などを書いています。
    建物は外観は良くても内側では大変なことになっている場合も多いです。
    人間と一緒で建物も生きています。
    早めに建物診断を受け適切な対処をすることで、いつまでも住める家になります。

    PAGE TOP ↑